そうだったの!?最近の脱毛のトレンドとセルフケアの落とし穴

最近の脱毛のトレンドとは

これまでの脱毛のトレンドといえば、腕や足、脇などの見える部分でした。しかし、最近のトレンドはこれまでと異なるようなのです。最近では若い方を中心にデリケートゾーン、つまり「見えない部分」が人気となっているのです。デリケートゾーンは、VラインやIライン、Oラインとも呼ばれており、この範囲のムダ毛を処理しておくと匂いが軽減されるといったメリットもあります。しかし、脱毛は少なからず、肌にダメージを与えます。そのため、皮膚があまり強くないという方には自己処理はおすすめしません。デリケートゾーンを脱毛するのであれば、サロンやエステ、クリニックなどがおすすめです。最近では一昔前に比べて脱毛の料金が安くなってきています。キャンペーンを実施しているお店も多いです。ご興味のある方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

セルフケアは皮膚にダメージを与える

セルフケアは確かに早く処理することができますが、カミソリや毛抜きを用いたセルフケアは皮膚に深刻なダメージを与えます。カミソリでは確かにムダ毛を一掃することができます。しかし、カミソリを用いたセルフケアは肌の角層を剥がしてしまうのです。何度も繰り返していると、皮膚にあるバリアが機能しなくなってきます。その結果、肌が乾燥してしまい、ザラザラした皮膚になってしまうのです。また、皮膚が弱い方であれば深刻な肌トラブルを招く可能性もあります。さらに肌にダメージを与えるのが毛抜きを用いたセルフケアです。確かに毛を抜いた後はキレイに見えるのですが、実は皮膚の内部では出血しているのです。埋没毛や毛膿炎のような肌トラブルを招く可能性があり、繰り返していると肌のバリア機能が損なわれてきます。

全身脱毛の施術方法は、痛くない安価なものでは、フラッシュ脱毛やレーザー、ニードル脱毛等があります。価格は、コースにもよりますが、月額なら1万円弱のサロンもあり、高校生や主婦でも受けやすくなっています。

  • |