油断禁物!妊娠線を作らない方法と作ってしまった時の改善策

妊娠線とはどういうものか

妊娠線とは、妊娠した際に大きくなるお腹によって皮膚が伸び、ひび割れてしまうことを言います。

一度妊娠線ができてしまうと治りにくく、妊娠中はパツンと張っていたお腹も出産後赤ちゃんがお腹の外に出ることによって皮膚がたるんだ時にかなり目立つようになってしまいます。

見た目も良くないので、できないようにケアする必要がありますね。

妊娠線を予防するためには

では、妊娠線が出来にくくする方法とは一体どういう風にすれば良いのでしょうか。

まず妊娠線が出来てしまう要因は皮膚の乾燥にあります。

皮膚が乾燥してしまうと皮膚が伸びにくくなることから、すぐに妊娠線が出来てしまいます。

ですので、乾燥から防ぐために、保湿を毎日欠かさず行いましょう。妊娠線予防のための保湿クリームや保湿オイルがありますので

毎日2回朝と夜に円を描くようにマッサージすると良いです。

できやすい部位は二の腕、お腹、太ももですので、この3箇所は念入りに行ってください。

妊娠線が出来てしまった場合

毎日ケアしていたのに出来てしまった場合、妊娠線の種類を見てみましょう。

妊娠線には3種類の段階があります。

一つ目は赤く線が出来てしまった、これは比較的短期間で治すことができます。

妊娠時と同じように保湿を心がけましょう。

次は紫色の妊娠線です。こちらも赤い妊娠線よりは消えにくいですが、こちらも保湿で徐々に消えていきます。

3段階目の白くなってしまった妊娠線ですが、こちらは皮膚断裂が激しく起きてしまったため戻すのはかなり難しいです。

普通のケアでは治りません。レーザー治療などで薄く目立たなくすることは可能です。

妊娠線はできてしまうと厄介なもので、なかなか治りませんので、妊娠中の毎日のケアを頑張って行いましょう!

妊娠線とは、妊婦のおなかを中心に生じる刺激やかゆみを伴ったミミズ腫れのような模様をいいます。妊娠線のクリームは、皮膚の断裂を防ぐことを目的としています。

  • |