脱毛サロンに行く時に気を付けておきたいことは?

肌の状態と健康状態を確認!

基本的に、健康で皮膚の状態が安定している人なら敏感肌であってもフラッシュ脱毛を受けられます。しかし、妊娠中や授乳がまだ終わっていない人、光アレルギーの人やてんかん持ちの人など、一部の病気の人は脱毛をすることができません。これはその人の体やお肌の健康を考えてのことですから、落ち込む必要はありません。もし自分がそうだったとしても、落ち込むことはありません。フラッシュ脱毛以外にもニードル脱毛や植物自然脱毛、手軽なワックス脱毛など、プロが行う脱毛法は他にもあるからです。フラッシュ脱毛を受けている人でも、肌の状態や脱毛箇所によっては他の方法と組み合わせている人もたくさんいます。日焼けしている人や、肌が自黒の人も、その肌の状態によっては脱毛を見送ることになるケースも見られます。この場合は、SHR脱毛のようにメラニン色素に左右されない光脱毛を選ばいいでしょう。

サロンに行く前にしておくことは?

サロンに行く前日に、自分で脱毛をしてもらいたい部分のムダ毛をシェービングしておく必要があります。これを怠った状態でサロンに行っても施術してもらえないので、絶対に忘れないようにしてください。条件付きや有料でシェービングサービスを行う方針のサロンもあるものの、シェービングは常識として行っておくべきです。メイクに関しては、脱毛をする前に落とすことになるので、メイクをした状態で来店しても問題はありません。脱毛前の入浴ですが、体温が上がると肌がかゆくなったり、赤くなるのでシャワーだけにしましょう。

医療脱毛を新宿で希望するには、施術の総額や専門のスタッフの実務経験などを比較しつつ、無理のない範囲で通院をすることが必要です。

  • |